エロ画像@ぴんくフィニッシュぴくちゃ

エロ画像@ぴんくフィニッシュぴくちゃではアイドル、芸能人またパンチラや盗撮ものを中心に様々なジャンルの抜けるエロ画像を紹介しています。

【驚愕】夜道で凍死寸前の女を拾う → 連れ帰って即挿入 → 女「え!?誰!?」 → 結果wwwwwwwwwww

      2016/01/22

記事の続きを見る前に当サイトのおすすめ記事をチェック!!

【驚愕】夜道で凍死寸前の女を拾う → 連れ帰って即挿入 → 女「え!?誰!?」 → 結果wwwwwwwwwww
俺はいま、東京から300キロの地方都市に転勤を命ぜられた33才独身。
この街では知り合いもなく、なんとなく日々を過ごしていたのだが半年前に彼女が出来た。
彼女はいま、この街の国立大の四回生で長澤某嬢のような気の強い?、顔も好みが分かれる微妙な田舎娘タイプ。
俺は結果、顔より胸で選んだのだが。
この街は雪が降る。
そんな冬、俺は会社の三次会が終わり、深夜の二時に徒歩で帰る道すがら、彼女と出逢った。
雑居ビルの玄関で雪を避け、酔い潰れている彼女がいた。
俺はそれを目にした時、何とも言いようのないドキドキ感に襲われた。
それは深夜に若い女が・・・云々ではなく、真っ先に思ったのは
「死んでるかもしれない・・・」
だった。
この街では毎冬、四、五人が凍死すると聞いていた。
俺は過ぎさろうか悩んだが、彼女へと歩を進めていた。
眼鏡屋の自動ドアの前に横たわる彼女。
ダッフルコートにニット帽、下はジーンズにスニーカー。
とりあえず俺は彼女の顎下に手の甲を当てた。
冷たい。
が、続けて当てた頬には温もりがあった。
ドキドキ感は「人命救助」から、「いま、俺はどうするべきか?」に気持ちはフィードした。
そんな時、頭に浮かんだのは、鬼畜・福山雅治のエピソードだった。
福山は言った。
「なんとかしちゃえよ」


俺は彼女のコートの内側に手を滑らせた。
体温を知る為という名の、肌質のチェックだ。
二十歳前後にしかない肌触りだった。
次に携帯電話と財布を探した。
携帯には近い着信が無かった。
メールの内容も他愛ないものだけだった。
財布は免許で名前と住所、所持するカードで趣味を知るために見た。
周りは車道を時折通る車の音だけだ。
雪の夜は音がない。
俺は福山の声に従い、彼女を背負った。
身長は163程度だが、身動きしない人間は重い。
歩道に出すのも一苦労だった。
背負ってあと500m程の俺のマンションまで帰ろうかと思ったが諦め、彼女を介抱しているふりのまま、タクシーを止めた。
近場で運転手にはかなり嫌な顔されたが、降車時には手伝ってくれたりもした。
それでも彼女は眠っている。
エレベーターに乗せた時、葛藤はあったが、戻りようのない展開に俺は完全に勃起していた。
【驚愕】夜道で凍死寸前の女を拾う → 連れ帰って即挿入 → 女「え!?誰!?」 → 結果wwwwwwwwwwwの続きはこちらをクリック後、にゅーぷる内の「タイトル赤文字」をクリックだ!

 - 2015年2月

まだまだあある!当サイト巡回必須の鉄板記事